韓国 カジノ 服装制限はある?

 

韓国 カジノ の 服装制限

韓国 カジノ の 服装制限

規定はないけど・・・

ヨーロッパのカジノではドレスコードが厳しく、例えば男性はネクタイが不可欠などと明記してあるところもありますが、韓国の場合ははっきりと規定されていないことが多くなっています。

なので「こういう服装でなければならない」というものはなく、そういう意味では自由な普通の服でもよい、ということになります。

 

ラフすぎるけど、済州島ならOK

但し、例えばスリッパ、サンダル、短パン、ジャージなどは、普通というにはラフ過ぎたり、露出が多過ぎたりするため入場を止められる可能性があります。

なお、韓国には済州島のようなリゾート地のホテルにもカジノがありますが、そういった、海やプールでの遊びも並行して行なわれている地域ではその分多少露出ありでも認められます。

 

怪しい服装はだめ

次いで断られる可能性が強いのが帽子、サングラス、ロングコート、大きなかばん持参、などです。これらは品位的にふさわしくないというより、不正行為などに使われるのを防止するために禁止されます。

なので、入場の受付に預けさえすれば入ることができます。

 

豪華ホテルだからそれなりに

カジノがあるホテル自体に目を向けると、実は服装に厳しいと言うこともできます。

カジノ目当てに日本人が韓国に行くホテルを挙げてみると、例えばヒルトン、インターコンチネンタル、シェラトンといった豪華ホテルでして、ホテル内にカジノが設けられています。

このようなホテルでは上記のような服装では、そもそもホテル自体に入りにくいため、そのような格好をしていく人間はいません。

日本人観光客は多くこのようなホテルに泊まるため、結局は一定のドレスコードがあるようなもの、と言うことができます。

 

年齢制限がある

韓国では、在外韓国人を除いてカジノをすることができず、また満19歳未満は入場できないという決まりになっていますので、その確認のためのパスポートなどの持参が必要ですが、その際にあまり幼い格好をしているとパスポートと合わず、詳しく調べられるということがないとは言えません。

なので、年齢にふさわしい清潔な服装をしていくのが望まれます。

オンラインカジノの情報まとめ

カジノ法案に関する記事まとめ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
オンラインでお金を賭けるギャンブル

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ