ラスベガスカジノで勝ったら税金は日本でかかる?

勝ったら税金がかかる?

1度は当てたい ジャックポット

ラスベガスのカジノのゲームマシンの中で、スロットマシンは低額のミニマムベット(その台ごとの最低賭け金額)で長時間遊ぶことができ、気軽にプレイできますが、スロットにはジャックポットというのがあります。

ジャックポットとは、そこでプレイしてきた人たちの分からお金を積み上げておいて、ある時プレイしている誰かに、突然そこまでの分が一気に当たることです。

ベルが鳴り額が表示されそこの居合わせた人たちから称賛されますし、高額の配当金がもらえますから、スロットをやる人たちの一番の楽しみと言えます。

 

アメリカでは税金は払わなくて良いが・・・

少額の場合はその場で支払われて終了ですが、1200ドル以上の高額の場合は税金がかかることになります。

地元ラスベガスの人ではない外国人(日本人など)が当たった場合、30%が税金で引かれることになりますが、その時個人用納税者番号(ITIN。 あるいはTAX ID)を取れば引かれません。

なのでその場の手続きとしては、個人納税者番号の取得を申し込んで、いったん30%引かれた額を受け取って帰り、再度(例えば翌日)足を運んで30%分と番号をもらって帰国、という流れになります。

これで、ラスベガスで(アメリカで)税金を払うことはなくなりました。

 

日本では一時所得となる

しかし、税金自体がなくなったわけではありません

アメリカでは払わずに帰国できただけで、一時所得として、日本で確定申告をしなくてはいけません。

アメリカのようなカジノ実施国と日本は協定を結んでいまして、こういう場合、アメリカからカジノでお金を得たという通知が日本の税務署に送られています。

その際、特別控除額は50万円ですが、得た額がそれ未満なら税金がかからないままで済むかというと、そうとは限りません。

控除額は1月1日から12月31日という期間ですから、ジャックポットで当たった額だけではなく、それ以外の一時所得も合計して考えます。

他で勝った額も含んでの計算ですから、この点は間違えないように注意しておくことです。

オンラインカジノの情報まとめ

カジノ法案に関する記事まとめ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
オンラインでお金を賭けるギャンブル

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ