一攫千金を日本で実現するには

一攫千金...めっちゃイイ響きですよね?

この記事では本当に一攫千金って現実的に可能かのかについて考えてみました。

日本でも一攫千金って狙えるんでしょうか?

日本で一攫千金をつかむことのできる仕事というと、だいぶ限られてきますが手っ取り早いものといえば水商売全般でしょう。

芸能界はもちろんのこと、キャバクラ、ホストクラブ、風俗業などを経営する側に回り、調子に乗らず着実に仕事に励めばすぐに一攫千金をつかむことができます。

水商売は現金が動くので、当たれば本当に1年もかからずに一攫千金が現実のモノになります。

 

金融を扱う仕事

金融業もやり方次第ではすぐに一攫千金をつかむことのできる業種です。FXや投資などの手法や塾がひっきりなしにリリースされるのも、金融を扱うと一攫千金が現実のモノになるからでしょう。

ただいずれの場合も、すぐに億万長者になれるわけではありません。

逆に言えば失敗した時のリスクがかなり大変であり、身の危険にさらされたり、裏の世界の人との交流を余儀なくされる場合も多々あります。そのため、こういった仕事につくにはそれ相応の覚悟が必要となります。

 

飲食業もアリ

飲食業も一攫千金をつかめる仕事です。例えばラーメン屋などは、一度繁盛して、チェーン店となればロイヤリティーなどで労せずして稼げるようになります。 ラーメン屋に限らず、居酒屋などでも同様です。

こちらの場合は、軌道に乗せるまでオーナーがかなり無理をする必要があるのと、接客に敏感な人でなければすぐに店を破たんさせることになります。

気配りのできる人や、観察力のある人でなければ務まりません。

 

相場で一攫千金を狙う

証券マン、株のトレーダーも億万長者になりやすい仕事です。常に気を張っている必要こそありますが、とてもやりがいはあり、自分の手の平でお金が生みだされる感覚は病みつきになります。

そういう観点から、トレーダーの仕事は一獲千金をつかみやすく、仮に辞めた後でも個人的な立場でやれるのでとても良く思えます。

デメリットとしては、最新の情報に敏感であること、欲を持ちがちな人だと損切りなどができないことなど多々あります。

 

一攫千金は実現可能か?

こう見てみると、一攫千金をつかむ仕事はいくらでもありますが、業種なりのメリットとデメリットもあることに気付かされます。

つまり一攫千金はリスクなしにつかむことはできないのです。 ある程度の元手、リスク、そして覚悟、夢など1つでも欠ければ億万長者にはなりえません。

これら全てが揃っている人こそ一攫千金を現実のものとし、億万長者となりえるのです。

 

オンラインカジノの情報まとめ

カジノ法案に関する記事まとめ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
オンラインでお金を賭けるギャンブル

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ