ラスベガスカジノの服装ルール、女性や男性のドレスコード制限はある?

ラスベガス カジノ 服装制限はあるのか

ラスベガスカジノ、服装は?女性はドレス必要?

世界のカジノでは一般的に、特に決まった服装の制限がないところであっても、あまりにもラフな格好、例えば男性の短パンやサンダルといったいでたちは入場を断られることもあるのですが、その点かなり自由なのがラスベガスです。

ラスベガスでは、厳しい女性のドレスコードもないため、自由なカジュアルな服装で問題ありません。

 

自由だが冷房が強い

紳士淑女の集まりのラスベガスのカジノは、かつては男性女性をかなりの正装を求められていたのですが、現在では自由で、制限はあまりなくなっています。

他の都市では断られそうなカジュアルな服でも入場を制限されることはありません。

ラスベガスのカジノの特徴は、どこのカジノもホテルの中に併設しているということです。

なので例えばプールに出かける客が、ホテル内の道順上、カジノ場の中を通らなくてはならないということが起こります。

そのため、あまり厳しくできないという施設上の理由もあります。

よほど裸のような格好でテーブルに座りプレイする、といったようなことがない限り、服装制限はゆるくなっています。

但し、これはマナーとしての事でありまして、カジノ場というのはよく冷房が効いています。

ホテルの客がプールを利用するような時期はカジノ場は冷房で寒く、実際はあまり薄着ではいられないのです。

そもそも、カジノ場は冷房が強いので一枚余分に上着を持っているべき、と言われているぐらいです。

 

ホテルの雰囲気に合わせよう

ホテルの中に施設がありますからホテル自体の雰囲気には注意しなくてはいけません。

例えば、これまでに著名なスターがたくさん舞台に立ってきたようなショーを行なっているホテルでは、客は皆おしゃれな服装で歩いています。

その中であまりラフな格好では浮いてしまいます。

また、豪華なレビューショーを行なっているホテルですと客はそれに合わせた服装で来ていますから、そのホテルの中をあまりカジュアルな服で歩くのも合いません。

なので、ラスベガスでは、カジノの服装制限自体は厳しく言われなくても、ホテルの客の様子を見てTPOを考える、としておくべきです。

また、日本人は年齢よりも幼く見えますので、あまり若く見える服装ですと規則の21歳未満ではないかと何度も確認を受けるという可能性もあります。

オンラインカジノの情報まとめ

カジノ法案に関する記事まとめ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
オンラインでお金を賭けるギャンブル

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ